即日発行・即日受け取りができる 8 つのカードをはじめ、発行期間別に様々なカードを紹介するサイト。2018/06/25 更新


即日受け取りクレジットカードトップ > 即日受け取り可能エポスカード > エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

最終確認日:2018/05/27

即日発行・即日受け取りは不可

エポスカードで即日発行・即日受け取りに対応しているのは、一般カードであるエポスカードVisaのみです。

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードについては郵送による発行となっています。
2〜3週間程度で到着となるようです。

ポイント名は「エポスポイント」

エポスカードのポイントプログラムは「エポスポイント」であり、通常利用のポイントの付与率は1会計で200円(税込)につき1ポイントです。

以前は月間総利用額1,000円(税込)につき1ポイント(5円相当)が付与されました。
その後システムの変更があり、現在は1会計で200円(税込)につき1ポイントとなっています。

貯まったポイントは、マルイの商品券やVISAギフトカード、itunesギフトカードやクオカード等々、様々な商品券やギフトカード、お買い物券に交換可能です。

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードに、ポイントの有効期限はありません(エポスカードVisaは2年)。

目的の商品があるのならゆっくり貯めることも可能です。

年間利用額によりボーナスポイントあり

エポスゴールドカードは年間の利用額でボーナスポイントがあります。
年間利用額(A)ボーナスポイント(B)(B)/(A)
50万円以上2,500ポイント200円 → 1ポイント
100万円以上10,000ポイント100円 → 1ポイント
50万円と100万円の総利用額でボーナスポイントは2段階あります。

年間利用額は2倍違いますが、獲得できるボーナスポイントは4倍になりますのでメインカードに据えて、100万円利用を目指したいところです。

年間利用額が100万円台ならエポスゴールドカードの方がお得

エポスプラチナカードのボーナスポイントはお得ですが、年間総利用額が100万円台ならエポスゴールドカードの方がお得です。

年会費、ボーナスポイント、通常獲得ポイントで比べてみます。
年会費は支払いですのでマイナス、ポイント数は1ポイント→1円分として計算します。

ゴールドカードの場合
年間利用額年会費年間利用額による
ボーナスポイント
通常獲得ポイント合計
100万円以上無料10,000ポイント5,000ポイント10,000円分プラス
150万円以上無料10,000ポイント7,500ポイント12,500円分プラス
200万円以上無料10,000ポイント10,000ポイント15,000円分プラス
年会費が無料になっていることを前提としています。
無料条件を満たしておらず年会費5,000円がかかる場合は、合計収支からマイナス5,000円しなければいけません。

プラチナカードの場合
年間利用額年会費年間利用額による
ボーナスポイント
通常獲得ポイント合計
100万円以上-20,000円20,000ポイント5,000ポイント5,000円分プラス
150万円以上-20,000円20,000ポイント7,500ポイント7,500円分プラス
200万円以上-20,000円30,000ポイント10,000ポイント20,000円分プラス
エポスプラチナカードに年会費無料条件はありません。
総利用額が100万円台の場合、年会費分で残りがありませんので、通常獲得分だけとなりエポスゴールドカードの方がお得ということになります。

エポスプラチナカードを持つのなら年間総利用額が200万円を超えてからがおすすめです。

インビテーションに応じた申込がお得

エポスゴールドカードは一般申込とインビテーション(招待)申込が可能です。

エポスゴールドカードは年間の利用金額が50万円を超えると、翌年以降の年会費がずっと無料になります(通常は税込5,000円)。
一度でも年間の利用金額が50万円を超えると、翌年だけでなくその後ずっと無料となるのです。

エポスカードVisaの一年間の利用状況で、エポスゴールドカードへのインビテーションが来ます(年間利用額20万円ほどで来る方もいるようです)。

この招待を受けてから申込すれば、初年度からずっと年会費無料です。
年会費無料のゴールドカードは他社でもなかなかありませんので、ゴールドカードを所持したい方にはおすすめです。

また、エポスゴールドカードとエポスプラチナカードには「選べるポイントアップショップ」というサービスもあり、これを利用することによりポイント付与率は3倍にすることができます。

家族カードに関しては、エポスカード自体発行を行っていません。
付帯されている国際ブランドはVISAのみです。

ネットで使って安心な「エポスバーチャルカード」が発行できます

ネットで買い物をする時にカード番号を入力するのは不安だという方もいると思います。

そのような方には「エポスバーチャルカード」がおすすめです。

「エポスバーチャルカード」とは、インターネット専用のカードで、本来のクレジットカード番号とは違うカード番号がネット上で発行されます。

ネット上だけですので、実際のカードが発行されることはないのです。
利用はインターネットショッピングサイトのみで可能となっています。

自由に利用可能額が設定できることと、不正利用された場合でも元のカード番号を知られる事がありません。

特に海外のショッピングサイトを利用する時などには安心です。
申込はエポスNetからログインして行います。

エポスゴールドカードの詳細

↓↓公式ホームページへ↓↓
エポスゴールドカード

年会費(初年度)5,000円(税込)
※インビテーションによる申込なら永年無料。
年会費(2年目以降)5,000円(税込)
※年間で50万以上の利用で翌年以降年会費永年無料。インビテーションによる申込なら永年無料。
提携発行会社エポスカード
ポイントプログラム名称エポスポイント
通常使用のポイント付与率200円(税込)→1ポイント

エポスカード一覧

エポスカード 当サイトおすすめ!



マルイ店舗にて、即日発行・即日受け取りが可能 エポスカードは丸井の子会社である「株式会社エポスカード」が発行しているカードです。 一般カードである「エポスカードVisa 」であればマルイ店舗へ出向・・・続き

【】
無料


エポスゴールドカード



即日発行・即日受け取りは不可 エポスカードで即日発行・即日受け取りに対応しているのは、一般カードであるエポスカードVisaのみです。 エポスゴールドカード とエポスプラチナカードについては郵送によ・・・続き

【】
5,000円(税込)
※インビテーションによる申込なら永年無料。


エポスプラチナカード



即日発行・即日受け取りは不可 エポスカードで即日発行・即日受け取りに対応しているのは、一般カードであるエポスカードVisaのみです。 エポスゴールドカードとエポスプラチナカード については郵送によ・・・続き

【無料】
20,000円(税込)
※年会費が無料になる条件はありません。